C.COUNTLY | シーカウントリー

インスタグラム フェイスブック メール
2018.01.22

Men’s Styling Vol.79  【ジープコート / Orgueil】

        
 
 

■ORGUEIL ジープコート Jeep Coat OR-4050A (BEIGE) 

ORGUEIL ジープコート Jeep Coat OR-4050A (BEIGE)  着用サイズ:38
 

■weac. コットンネルチェックシャツ KURUMICHAN (NAVY×YELLOW)

weac. コットンネルチェックシャツ KURUMICHAN (NAVY×YELLOW) 着用サイズ:2(M)
 

■ORGUEIL エラル55 デニムトラウザー ERAL55 Denim Trousers OR-1006 (ONE WASH)

ORGUEIL エラル55 デニムトラウザー ERAL55 Denim Trousers OR-1006 (ONE WASH) 着用サイズ:30インチ
       
 
モデル:174cm 60kg
  
  
1月とはいえ、まだまだ寒い日は続きますね。
 
今日は松本市も雪が降ってます。
 
洋服屋としては、冬物洋服がいったん落ち着く時季ではありますが 、
 
この寒さを目の当たりにして、コートを買い逃していることに気づく方も少なくないはず。
 
「仕事が忙しく、なかなか買いに行けなくて・・・」
 
なんてお話も、店舗ではお客様から聞くことがしばしば。
 
ということで、このタイミングでコートを使ったスタイリングをご紹介。
 
 「もうコートは買ったからいらないよ」
 
という方も、見るだけでもぜひ!
 
 
 
主役はオルゲイユのジープコートです。
 
オリジナルデザインは、秘かにファンの多いアウターとしても有名ですが
 
オルゲイユが作ると、また新鮮な仕上がりでおすすめです。
 

 
ヴィンテージとはまた違う現代的なシルエット。
 
当時のオリジナルデザインも洋服好きとしては惹かれてしまいますが
 
サイズ選びが難しいのが悩み。
 
そんな時に助かるのが、国内ブランドのリデザインされたアイテムですね。
 

 
生地もコットンとウールブランケットの2重生地。
 
温かいのはもちろん、経年変化も感じられるパラフィン加工を施したコットンがまた良い。
 
無骨でありながら、ジャパンメイドならではの繊細なつくりが日本的です。
 

 
シンプルにネルシャツとデニムで合わせていますが、チノパンや
 
今の時季ならコーデュロイのボトムなどでも良さそうです。
 
足元はスニーカーにするとよりカジュアルダウンできますね。
   
オリジナルデザインとオルゲイユらしさがうまく表現されたアウターです。
   
是非、気になる方はチェックお願いします。
   
    
      
              
      
   


Top